俳句ダイアリー

2000年

 

悲しくなんかないけれど夕暮れ
こんなにも横浜が近いあなた
さよならなんて言えないのかな 私
海が夏色だからあなたといる
海風に薔薇の競演プロローグ
もどれない時を海鳥波に消し
降り出した雨にベンチを去りがたく
横浜の風が二人の肩寄せる
こんな日が別のあなたとあったよな
守りたいとあなたが言った5月27日 

 

解説

俳句日記をまとめはじめた頃の作品。

 


2001年

夕立や浜のベンチの去り難く
悲しくもありこんな幸せな夕立

踏み出せばここより影の冬の月

2002年

春ショールみんな忘れて晴れやかに

啓蟄に気がつきませぬアスファルト

夕ぐれてうすば蜉蝣(かげろう)かすかなり

2003年

百千鳥それどころではありませぬ

すぐそこに秋が来ている星の夜

竹林に雨のいぶせき十二月

 


2004年

春小袖海の町へとハイウエー

新涼の銚子灯台九十九段
路地裏の地蔵をあやす猫じゃらし

 

2005年

春うらら何かありそで無きうらら

とりとめのなき切なさに紅葉散る

句日記の日付を入れる年の暮れ

 

2006年

フライトの時刻変更霧深し

雲の降るみどりの森の小道ゆく 

短夜の気付けばTVつけたまま

 


2007年

寄せ返す波とワルツを春の貝

幾重にも花のクレパス安房の春

雨が降る降る降る雨が秋を呼ぶ

 

2008年

花の雲駅へとつなぐ路線バス
古扇過ぎし記憶の風を呼ぶ

枇杷の種コロリと宵の台所

 

 

2009年

大空が近づいて来るすみれ草

ぜんまいの綿毛のの字にあどけなく 

掌に乗せれば軽くまつぼっくり


2010年

今日惜しむ咲く花に又散る花に

波白くココナツ甘く島の宿

ふたつみつ星に指折る天道虫

 


 

ブログ版上野貴子全集2011~  http://love.ap.teacup.com/takakohaiku/